-ネコ町巡礼-

倉敷(岡山県倉敷市)


倉敷美観地区は、江戸時代の天領(江戸幕府の直轄領、幕府の重要な経済的基盤の領地)の
名残りをあちこちにとどめた風情あふれる白壁のまちです。
倉敷川周辺の美観地区と呼ばれるエリアに続く白壁の街並みは、倉敷のシンボルとなっています。
倉敷の歴史を少し紐解きますと、倉敷川の周りに集落が生まれたのは室町時代末期らしいと言われています。
倉敷川は高梁川とも通じ、河畔は備中随一の川港として賑わいを見せたそうです。
そして、、1642年に倉敷が天領になると、代官所が置かれ、商人たちが行き交う一帯は、ますます活気づきました。
倉敷川の河畔に残る足場、常夜灯、雁木などが当時の面影を今に伝えています。
今、残っている建物もこの時代の富豪の商家を原形とするものが多いです。
塗屋造りの町家、土蔵造りの蔵、倉敷窓、倉敷格子、白漆喰になまこ塀など見応えのあるものが残っています。
また、美観地区には、実業家・大原孫三郎一族によって、大原美術館などの洋風建築が建てられ、
周辺の蔵屋敷と調和して独特の景観を生んでいます

倉敷撮影日誌
倉敷飲食map
倉敷のネコたち
中国・四国エリアの宿予約
チェックイン
チェックアウト
ご利用人数
お部屋数
部屋
ご利用金額
地域選択




Copyright (C) 2005-6, zeicompany. All rights reserved